TS3eye.png

覚書:全身置き換え型衣装の作り方とテクスチャの保存形式

忘れないうちに覚書しておきます。今回は全身まるっと置き換えちゃうタイプの衣装の作成手順です。

元々の衣装は全身タイプであればどれでもOKです。が、たまにメッシュグループが2つに分かれてるやつがあります。2つに分かれているタイプのいじり方はノータッチなので、メッシュが1つだけのものを選択してあげて下さい。(ちなみに今回は軍事キャリアの全身服を選択しました。CategoryでIsHiddenInCASのチェックを外さないと通常CAS画面で選択出来ない所だけ要注意です。)

WS006978.jpg

以前作成した覚書「水着CCが出来るまで」の応用なので、基本的な作成手順はそちらの記事をご確認下さい。


完成したメッシュをMilkshapeにインポートする

下の画像は自作メッシュ(OBJ形式)と置き換えするメッシュ(WSO形式)の2つをインポートした状態です。

WS006979.jpg

インポート時の注意点など(VertexのAlign normalsについてなど)は水着CCが出来るまで その2を参照下さい。




Groupsタブに移動し、置き換えするメッシュ(WSO形式でインポートしたもの)を全て削除し、自分で作ったメッシュの名前を「group_base」に名前変更します。で、WSO形式でエクスポートします。Milkshapeでの作業はこれだけです。

WS006980.png

要はMilkshapeでシムズ3専用のジョイント設定を作った衣装にインポートしてあげるだけって感じです。リネームも必須で、TSRWでは「group_base」という名前以外で保存されたメッシュはインポート出来ません。




MeshToolKit&TSRWにインポート→完成!

ここからは前回の水着CC作成手順と全く同じです。
自作したWSOファイルにMeshToolKitを使ってmorphとbonesを設定してエクスポート、あとはTSRWにインポートするだけ!

181002 (1).jpg

あ...あれ?完成したものが思っていたよりテカる...。




テクスチャの保存形式について

どうやらテカってた原因はSpecularをDXT5で保存していたからのようでした!DXT1アルファなしで保存したものをTSRWにぶち込んであげたら過度なテカりがなくなりました。

181002 (2).jpg

CAS開いたら清原シムが出てきたのでそのまま着せてしまったぜ...。



テクスチャの保存形式まとめ
  • Multiplier→DXT5、アルファあり
  • MASK→DXT1、アルファなし
  • Specular→DXT1、アルファなし
  • Normal mapとOverlay→DXT5、アルファあり(で保存して大丈夫だと思う)

Normal mapとOverlayの保存形式について記載して下さってるサイト様が無かったので保証は出来ないんですが、DXT5、アルファありで保存した場合に特に問題はなかったです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ

サイト概要・案内

シムズ3を中心に様々なゲームのプレイ記録を綴ったり、たまに描いた絵をうpしたりしてる自由奔放な趣味ブログです。ものづくり命!※冒頭に注意書きが記載されてる記事の閲覧は自己責任でお願いします。詳しくはABOUTを参照下さい。

ブログタイトルは大好きなヘル・レイザーシリーズの短編映画『NO MORE SOULS』のサブタイトルから。

管理人:AONE*


サイト内検索

最近のコメント

息抜きブログの新着

  1. ヘッドセットを新しくしました - 9月 6日(金)
  2. 鬱を吐き出す場所が無い - 8月 3日(土)
  3. インテリアを少しずつ揃えてく - 7月26日(金)

息抜きブログへ

さーもんだより(Twitter)

シムズとマイクラの進捗報告、ブログ更新のお知らせを主にツイートしています。