« 助 け て ! ! ! | Home

2018年8月 5日

自分の意思がまるでないようで

時折自分が本当にやりたい事が分からなくなる事がある。

これをやれば他人が喜んでくれるだろうとか、他人に怒られずに済むとか、無意識にそういう考えを基準に動いている。それが私のやりたい事だったならそれでいいだろう。でも違和感を覚える事がある。

自分のこういう性格を医者に言い当てられた時、私は驚きと同時に絶望した。

ああ、今まで親の顔色を伺って、ラジコンやアクセサリーにされて。自分の気持ちとかそういうのを押し殺してきたんだ、と。初めて気付いた。

早く終わらせなければ、喜ばせなければと、焦るし急ぐ。そうしなければ私に存在価値なんて無いんだ。睡眠時間も削る。最近大体2時間くらいか。寝てる暇なんて無いんだ。睡眠から意識を取り戻した瞬間、頭の中にあれしなきゃダメこれしなきゃダメと脅迫めいた事でいっぱいになる。頭は既にフル回転。

頭がいっぱいになって脈拍が走った時くらいの早さになる。これが最近の私の目覚め方。結構しんどい。でも逆に言えばとても寝起きがいいのだ。時間を有効活用出来る。

例えば自分がやりたいようにやってたとしても、なんでこんな事やってるんだろう、とても無意味で、不必要なことだと急に冷める。じゃあ何だったらいいの?他人が喜ぶ事ならやってもいい。例えそれが自分のやりたくない事だったとしても。やりたかった事だったとしても、加減が分からなくなってくる。やめ時が分からない。

こんな事をずっとずっと繰り返し、私は私の気持ちが分からない人間になってしまった。

6歳の私に性的な悪戯をした高校生が私の母に怒られているのを見て「私のせいで怒られてしまった。ごめんなさい」と思ったこと。また私のせいでみんな不幸になると思って、親の知人に性的暴行をされたにも関わらず黙っていた7歳の私。

悪夢は物心付く前から始まっていたのだ。

いつになったら、まず自分が先と考えるようになれるだろうか。いつになったら自分を大切に出来るようになるだろうか。

コメントする

月別アーカイブ