eye.jpg

タグ「映画感想」の一覧

映画感想16/11/21

日照時間が短くなってくると眠くなりません!?いつもは早起きなんですが最近めちゃくちゃ眠くてつい二度寝・三度寝してしまい、体中が痛くなる事がちょいちょいあります(;´Д`)カーテン全開にしてても吸い込まれるかのように眠ってしまう。
自慢じゃないんですが、いやかなり自慢なんですが寝起きの良さには自信あるんですよね~。眠りから覚めて3秒以内に全裸になって踊りだしたり横に突っ立ってるツレにジャンピングカンチョーをするくらいには寝起きがいいです。脳内麻薬でも出てるんですかね?

それはさておき。続きより最近見た映画感想とかgdgdと。

続きを読む

何となくTwitterで画像が出回ってたhuluで配信中の「最後の1本 ~ペニス博物館の珍コレクション~」を昨日見ました。
あらゆる動物のチンポを学者として知識を伝える為に集めて展示してるジジイが唯一集めてなかった最後の一本...「ヒトのチンポ」を集めるまでのドキュメンタリーだったんですが、もうね、なんていうか。所々ツッコミドコロがあってまあまあ面白かったですw

続きよりネタバレ込みの映画・アニメ・ドラマ感想とかgdgd語り。

続きを読む

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。相変らずマイペースゆるゆる更新ですが今年も宜しくお願いしますm(_ _)m
最近どうもテンションが上がらない上に体調も崩し気味でして、SSは溜まっているものの、なかなかブログ記事が更新出来ずにいます(;´Д`)くだらない文章すら思い浮かばず音楽聴きながらぼーっとしてる事が多いです。疲れてるのかもしれませんw

それはさておき、以前から気になってたスカイリムがとてもお安くなってたので遂に始めちゃいました。

ScreenShot10.png

薄暗いけど景色がとても綺麗です(^o^)
そして思ってたよりも操作方法が難しくなく、アクションRPGニガテな私もすぐ慣れました。
景色やテクスチャが綺麗なRPGという事しか知らなかったのですが、これは案外ハマるかも。とりあえずバニラで一通りプレイしてみようかなと思う次第です。

続きより映画とか音楽、ゲームの話とか。

続きを読む

マインクラフト購入したてなのでそっちにハマり込んでますが、sims3もモチベが上がってきたので少しずつ復活中。

150913.jpg

100babyチャレンジプレイでクソ知事をミイラにしたものの、使い道全くないねこの人。

ずっとしてなかった映画鑑賞もぼちぼちとしていたり。
最近見た映画:パヒューム、ビッグリボウスキ、姑獲鳥の夏、サスペリア、エグザム、インフェルノ、ヘンゼル&グレーテル、バットマンフォーエヴァー、パペットマスターと悪魔のおもじゃ工場、魔法使いの弟子、ゴールデンボーイ、シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア

続きよりマインクラフトの事と映画の感想とか。

続きを読む

2015/08/22

随分前から欲しかった、空山基さんの画集「VENOM」をようやく入手しました(^o^)

CNAe_8gVAAAAcbp.jpg

ぐうの音も出ないほどの完璧なフェティシズムの追求と、リアリティ且つエロティック過ぎる質感が素晴らしい私の尊敬する絵描きさんの一人です。
随分絵を描いてませんがお仕事絵もあるのでそろそろ視覚的に刺激したいトコロw



軽くsimsをお休みしてアニメや映画、ショートホラーを見たりして過ごしてます。
ゾンビモノは個人的にパターンが決まってるので余り好きじゃないんですが、久々にゾンビモノを色々見たり。ロンドンゾンビ紀行(再鑑賞)、インド・オブ・ザ・デッドとか。あとはテキトーにアニマルマンとか霊幻少林拳とか好きな映画を見てました。ホラー以外で目新しいものを見たと言えばグランド・ブダペストホテル、メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー、ラットレースとか。
続きより感想とかだらだらと。

続きを読む

Amazonで追加パック「ケイティ・ペリー スイートトリート」が安くなってたので購入しました。これで追加パックを全てコンプリートしました(^o^)

ずっとストップしていたローリング・ハイツでの町づくりを再開、ついでにブリッジ・ポートもちまちまといじってます。今度こそ景色も考えた町づくりが出来るといいな~!

続きを読む

昨日~今日にかけて久々に映画を色々見ました。

  • ミュータントタートルズ(2014)
  • ターミネーター2
  • ホームレスが中学生
  • スタートレック(1979)
  • PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)
  • 続・猿の惑星(1970)

続きよりネタバレ込みな感想とか。

続きを読む

51bp8r2s8uL.jpg

あらすじ的な:刑務所での強制労働から逃れる為、精神異常を装って精神病院に入った主人公が患者たちの人間性を抑圧する病院のやり方に反抗し、皆で協力して自由を得ようとする話。患者を無力化させる電気ショック療法やロボトミー含め、今では考えられない精神病患者への非人道的な扱いがとても痛々しい作品です。

簡単な解説:1962年に発表されたケン・キージーのベストセラー小説の映画化。監督はモーツァルトの一生を描いた「アマデウス」で有名なミロス・フォアマン。主演はジャック・ニコルソン。1960年代後半~70年代にかけてアメリカで製作された、抑圧された世界での人間の心情を描いた「アメリカン・ニューシネマ」というジャンルの代表作の一つ。



2時間以上ある映画でしたが、始終目が離せない良作でした。トランプ以外の娯楽を奪われ、グループセラピー中に婦長に「多数決で多かったらテレビを見てもいい」と言われたのにも関わらず、いざセラピー内での多数決に勝ったら「この病院の患者の半数以上になってない」という理由を後付けされて却下されたり。分かりやすく人間としての喜びを奪われている様はとても痛々しかったです。



続きより原作者のケン・キージーや当時の時代背景について色々と。

続きを読む

最近見た映画を

取り敢えず1つの記事として書くほどのものでもねーっていう最近見た映画をメモ。



「ハングオーバー2」
結婚式当日、花婿がいない。どうやら昨夜のバチェラーパーティーで記憶ぶっ飛ぶくらい羽目を外したという事だけは事実のようだ。何故かホテルの同室にトラがいる。でも花婿はいない。誰の子か分からない赤ん坊もいる。でも花婿は何処にもいない。俺たちは前日何をして、そして花婿は何処へ消えた!?というのが前作。
今回は前回のバチェラーパーティーのメンバーの別のヤツの結婚式&バチェラーパーティーのお話。でも展開が前回と全く同じ&前回よりも危機感がなく、どっちかっていうと「お前昨日こんな事してたんだぜ~」「マジかよサイアク~!」という仲間内のドッキリを見ているような感覚になった為、個人的に5つ星評価だと2点くらいでした。



「エクスペンダブル・レディズ」
アルバトロスのお家芸、パクリ映画。まあぶっちゃけ面白かったです、開始5分も経たないのにツッコミ所満載で。
大統領の娘を拉致ったカザフスタンの女ボスVS凄腕戦闘特化型受刑者4人の図式です。まあ...うん、レズを作るつもりなかったんでしょうが、ほのめかせる雰囲気はありました。そしてやっぱり女たちはやたら男を憎んでいます。でもパクリ元であるエクスペン○ブルズの最強男たちを女に変えたら見栄え良くなるんじゃね!?っていう発想はかなり正解だと思います。女の子がいなかったら華がないもんね。



「ヘラクレス」
ギリシャ神話で有名なあのヘラクレスの物語...の筈が、ヘラクレスの武勇伝の大半がカットされてます。そりゃ12もクリーチャーとのバトル伝説があるんですからね、全部やるなんて不可能です。だからと言ってネメアの獅子を普通のライオンの動画を拡大したような感じでやるなんて、テキトー過ぎますよ!でも剣闘士の悲恋モノとして見るんならそこそこ面白いと思います。戦闘シーンも上手だと思いますし。まあ...ヘラクレスっぽい事はネメアの獅子くらいでしたから。超人的パワーも一応使いますが、CGが「えっ、もしかしてこの映画ってアルバトロスが出したの?」と疑うほどのしょっぱさなので、そこがこの映画の笑えるポイントです。鎖の先に付いたコンクリートの塊が発泡スチロールみたいにかるい感じだよ!

B000A1L896.01-A1HZSA5JUUDTUK._SCLZZZZZZZ_.jpg

ベトナム戦争の恐怖とそれに追い詰められた兵士達を恐ろしくも生々しく描いた映画。久々に名作に当たったな、って感じです。これは何度も繰り返し見てもイイレベルの映画。


あらすじ的なもの:製鉄所で働く6人の悪友たちのうちの3人、マイケル(ロバート・デ・ニーロ)とニック(クリストファー・ウォーケン)、スティーヴン(ジョン・サヴェージ)はベトナム戦争への徴兵を目前に壮行会も兼ねた仲間内の結婚式で楽しく羽目をはずした。明朝、悪友たちはいつものように揃って鹿狩りを楽しみ、そして3人は戦地へ赴いた。
戦地で苦戦を強いられたアメリカ軍。マイケルは戦地でニックとスティーヴンに再会したが、間もなく3人はベトナム兵に捕まってしまう。彼らが捕らえられたベトナム兵の小屋の中では兵士たちが捕虜にロシアンルーレットを強要させ、賭けをして楽しんでいた。彼らもロシアンルーレットに参加強要させられたが幸運な事に死は免れ、その後脱走に成功。
脱出後ばらばらになってしまった3人。夜の街を歩いていたニックは怪しげな男に「プレイヤーになれば金が稼げるぞ」と強引にロシアンルーレットの賭博場に連れてこられてしまう。最初は断っていた彼だったが、ゲームを見た途端に血相を変え、プレイヤーの銃を奪って躊躇なく自分のこめかみに当てて引き金を引いた。その場に偶然居合わせていたマイケルはニックを呼び止めたが、彼はそのままプレイを誘ってきた男と共に闇へ消えていってしまった。
2年後。マイケルはアメリカに帰還したが、戦地へ赴く前と比べて雰囲気が変わってしまっていた。悪友たちとの鹿狩りに行っても鹿を仕留められないし、冗談で銃を突きつけて遊んでいた仲間にきつく当たったりして、ぎくしゃくしていた。その頃、両手・両足を失ったスティーヴンは病院で療養中だった。彼の元へ訪れたマイケルはスティーヴン宛に戦地から謎の送金がある事を聞き、ニックの生存を確信し、再びベトナムへ向かった。



※続きより作品の内容に触れてしまう記述(ネタバレ)です。

続きを読む

※今回はR18指定はおろか、むしろポルノ枠に足を突っ込んでる映画の感想です。閲覧にはご注意下さい。

b0107684_0442479.jpg

邪知暴虐なローマ帝国皇帝、カリギュラのやりたい放題放蕩&残虐人生を描いた、ほぼポルノ映画。何故かキャストは主人公役のマルコム・マクダウェルをはじめ、ピーター・オトゥール、ジョン・ギールグッド、ヘレン・ミレンと豪華勢揃いです。
どうやら監督がキャストに「歴史物映画撮るよ~」と騙して参加させた様子。そりゃ訴訟も起こされるワケです。とはいえ一流キャストを使ってる上、映画セットや衣装はゴージャスなので全体的な見栄えはそこそこイイです。しかし実態は乱交シーンが見せ所なので歴史映画として見るにはかなりキツいかも。
キャストは歴史物映画だと思って演じてくれてますが、ちょいちょい別撮りでガチなポルノシーンが入ります。編集されまくって完成した映画に聞いてもいないポルノシーンが入ってるんですから、これはキャストが怒っても仕方ありません。

ちなみにこの映画が一部地域で公開禁止になり、かえって世間の話題を惹いてしまったことから「カリギュラ効果」(禁止されるとかえってやってみたくなる心理のこと)という言葉も生まれたそうです。



※続きより作品の内容に触れてしまう記述(ネタバレ)です。

続きを読む

51Ho0SaBn4L.jpg

映画を見る人ならこのパッケージを見てお分かりだと思いますが、この映画、バッタモン映画を出すことで有名なアルバトロスが出したパクリ映画です。
元ネタは『第9地区』。母船の故障で地球に住みざるを得なくなった宇宙人達が人間によってアパルトヘイトされ、酷い迫害を受けてるという結構重たい世界観のSF映画です。今回のこの映画は第9地区の吸血鬼バージョンです。



くやしい!!!アルバトロスなのに普通に良作映画!!!!




※続きより作品の内容に触れてしまう記述(ネタバレ)です。

続きを読む

今日は前々からどーーしても見たかったウド・キア氏主演の「悪魔のはらわた」を見ちゃったんだぜ。
同じ監督名義の「処女の生血」はレンタルされてて、それはもうおバカ映画が好きな私にとっては何度も見ちゃう程のヒットっぷりだったんですが、悪魔のはらわたはレンタルされてなくてずっと見れなかったんですよね。

とにかくコチラのブログサイト様の記事に貼ってあった、この名ゼリフがどうしても見たくて。


フランケンシュタイン博士の話で完璧な人造人間の男女を作り出し繁殖させてやる!的なあらすじなんですが。奥さん(姉!)は使用人(ジョー・ダレッサンドロ)を性奴隷として扱うわ、ウドキア演じる男爵は内臓に性的興奮覚えて内臓ファ○クするわ、助手も内臓ファ○クするわ...。何ていうか、登場人物全員が性特化過ぎてムチャクチャです。
処女の生血同様ツッコミが追いつかない映画ではありますが、個人的に処女の生血の方がキモくて好きかも。



処女の生血では乱暴な役柄だったので好感持てなかったんですが、今更ながらジョー・ダレッサンドロもかなりのイケメンだよな~と気付きました。

女から見ても男から見てもセックスシンボルだったなんてスゴいな~。



ダレッサンドロが光属性のセクシー俳優なら、ウド・キア氏は闇属性のセクシー俳優ですかね?

それにしても変態紳士役がヤケにツボる人だし、大体演技がキモくていい感じです。

クリスマスだし映画を見よう!ってなワケで、彼氏とクリスマスらしい映画にしようと話し合ってたのですが...「ホームアローン」しか出てこねぇ。
このままだとヘル・レイザーを選択する羽目になると思ったので、適当にウォーケン氏主演のSF映画、「ブレインストーム」を鑑賞しました。



あらすじ的なもの:
女博士リリアン率いるマイケル(ウォーケン)の開発チームが人間の記憶や知覚を他人に伝達出来るヘルメット(ブレインストーム)を開発。当然ながらこの画期的な発明に軍は目を付けたのだが、女博士は軍事転用を断固拒否。
その間ヘルメットの改良も進み、小型・軽量化は勿論のこと、テープへ記憶や知覚を記録出来るようにまでに。しかし此処でアクシデント発生。研究員の男性の一人がエンドレスでエロい記録流しまくった結果、心臓発作に!彼は一命を取り留めたが、相次いで女博士リリアンがストレスで心臓発作に!死を悟った彼女は研究者としての勤めを果たそうと自分の死の瞬間を記録、そしてそのまま帰らぬ人に。
彼女の死後、軍が研究所を占拠し軍事転用の研究を始めたが人間の未知の領域、人間最大の恐怖である死の体験が記録されているテープにマイケルは執着し、手の届かない場所に保管されているそのテープを何としてでも最後まで見たい!という事で研究所へのハッキングを始める...、というお話。



この映画最大の魅力は「死後の世界が映し出される」という所でしょうか。
監督がスタートレックなどを手掛けたダグラス・トランブル氏というだけあって、かなり斬新な死後の世界が描かれてるし当時の撮影技術で此処までやれるのは正直スゴいなと思いました。

因みにブレインストームを被ってテープを再生すると、料理を食べている映像なら食べてる料理の味や香りは勿論のこと、腹がふくれる感覚まであるとの事。快楽も伝わっちゃうみたいだしね。
女博士が残した死ぬ間際の記録は普通に再生したら見てる人が死んじゃうんだけど、マイケルは機械をいじって肉体への感覚を全て取り除いた状態で死後の世界の記録を見ます。


続きより死後の世界の映像のネタバレです。
 

続きを読む

TSUTAYAだけでレンタル!というお題目だったのでさほど期待もせず、借りてきた「エンド・オブ・ザ・アース」。え?エンド・オブ・・アースじゃないの?って思ったんだけど、これが正しい邦題のようです。

ありがちなキリスト教の最終審判(アポカリプス)系ストーリーのB級コメディなんですが...この映画、何がヤバいって神の偶像化しちゃってる所がマジでヤバい。しかもチャイニーズマフィアに居そうなヤツの上にクチが悪い!



これさ、偶像崇拝絶対禁止の中つ国の人々が見たらマジでジハードされるって。

不謹慎ギャグが好きな方にはオススメしたい一品ですしB級好きな人にもオススメしたいですね。ちなみにこれ、DVD売ってません。そりゃそうだよな売ったらジハードだもんな...。ちなみにキリストも登場しますがわずか30秒足らずで退場なされました。 

このページの上部へ

サイト概要・案内

シムズ中心に様々なゲームのプレイ記録や日常を綴ってる個人ブログです。※当ブログには不適切な表現が含まれている記事が存在します。管理人が危険な内容と判断した記事には赤文字で冒頭に注意書きを記載してますので閲覧は自己責任でお願いします。詳しくはABOUTを参照下さい。

管理人:AONE*


  • ABOUT…サイト概要・諸注意など
  • SIMS…simsプレイ記録目次
  • DOWNLOAD…sims3配布物
  • GALLERY…お絵描きログ
  • LINKS…お気に入りリンク集
  • RSS…フィード購読
  • MAIL FORM…コメント送信

さーもんだより(Twitter)

ブログ更新、作業報告、CaveTubeでのゲーム配信のお知らせを主にツイートしてます。
放送中の動画は録画されますが一定期間が過ぎると削除されます。ご了承下さい。

最近のコメント