悪魔のはらわた(1973)

今日は前々からどーーしても見たかったウド・キア氏主演の「悪魔のはらわた」を見ちゃったんだぜ。
同じ監督名義の「処女の生血」はレンタルされてて、それはもうおバカ映画が好きな私にとっては何度も見ちゃう程のヒットっぷりだったんですが、悪魔のはらわたはレンタルされてなくてずっと見れなかったんですよね。



とにかくコチラのブログサイト様の記事に貼ってあった、この名ゼリフがどうしても見たくて。

フランケンシュタイン博士の話で完璧な人造人間の男女を作り出し繁殖させてやる!的なあらすじなんですが。奥さん(姉!)は使用人(ジョー・ダレッサンドロ)を性奴隷として扱うわ、ウドキア演じる男爵は内臓に性的興奮覚えて内臓ファ○クするわ、助手も内臓ファ○クするわ…。何ていうか、登場人物全員が性特化過ぎてムチャクチャです。
処女の生血同様ツッコミが追いつかない映画ではありますが、個人的に処女の生血の方がキモくて好きかも。



処女の生血では乱暴な役柄だったので好感持てなかったんですが、今更ながらジョー・ダレッサンドロもかなりのイケメンだよな~と気付きました。

女から見ても男から見てもセックスシンボルだったなんてスゴいな~。



ダレッサンドロが光属性のセクシー俳優なら、ウド・キア氏は闇属性のセクシー俳優ですかね?

それにしても変態紳士役がヤケにツボる人だし、大体演技がキモくていい感じです。

Author: aone666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です